読書好きなしがないサラリーマンの日常

日々の生活を何とかかんとか乗り切るブログ

集中力

最近で集中力が落ちた気がする。

昔からマルチタスクは得意な方だと思ってたんだがどうやらこれは脳の集中力低下を招くらしい(勿論諸説あるだろうけど)。

年齢による集中力の低下はある程度避けられないことなので仕方がないとしても、

何かする時にはなるべく一つのことに限定して取り組むようにしようかな。

館島

東川さんの著書である館島を読んでいる。

謎解きはディナーの後ではどうやらこの人の作品らしい。読んでないけど流行ってたので名前はきいたことありました。

文体は軽く最初は肌に合わなさそうな雰囲気だったけど読み進めていく内に気にならなくなった。面白かったら他の本も味見してみようかなといった感じ。

 

明日は久しぶりに出張。移動時間も仕事に入ると考えると楽かもしれんね。

余韻

「何かを人に伝えよう」としなくても一生懸命取り組んだ過程や結果というものははからずとも「何かが伝わってしまう」ものなんだろうね。

 

小説とか漫画は意図的にそこに作者のメッセージを込めて読者に伝えようとすることも多いだろうけど、例えばスポーツみたいなものは違うと思うんだよね。

選手はただ必死に目の前のことに取り組んでいるだけだけど、そこから観戦者は何かを受け取ることができます。これは中々面白いし不思議なことだと思う。

―――というぐらいさっきのグランドファイナルが感動したって話。

evo2017 最終日

今さっきグランドファイナルの試合が終わり優勝はときど選手に決定。

いやー熱すぎる試合展開だった。見ていて2006年の甲子園決勝を思い出すような感動で3日間配信追っててよかったなーと思った。

 

他の選手はアメリカのPunkに誰も勝てない状態。ときど選手もプールで一度負けている中でのグランドファイナル。ルーザーズ側のときどさんはまず一度勝つことで五分に戻さなくちゃいけなかったけどその時点で既にきつい。正直ただでさえどうやって勝つんやって相手なのに不利な状況から始まったので尚更無理ゲーだと思いました。

何度も危うい場面があったけどなんとかリセットまで持ち込んだ時は激アツだった。そこからの展開はかなり一方的に攻めまくり瞬獄も出て一気にまくった展開。実況も叫んでてテンション上がりまくりやった。

 

ときど選手のインタビューがまじでよかった。あんなん泣くわ・・・。東大卒プロゲーマーということもあって英語で受け答えしてたのも現地で盛り上がった要因なんだろうなあ。

 

ああいう自分をかけた勝負というのを自分はもう久しくしていない。部活動の引退最終試合とか大学受験とかそれぐらい前になってしまう。勝つにせよ負けるにせよそういった感動を自分で味わってみたいなあと思った。

evo2017 二日目

普段休日でも規則正しい生活をしているため深夜に起きているのは相当きつかった。今日でevo二日目が終了し2600名いた参加者も8名に絞られました。ウメハラさんとかボンちゃんとか結構惜しいところまで来てたけど三日目まで残れなかったのは残念だ。一度負けてルーザーズに落とされてしまうときついよなあ・・・。

三日目は日本人が結構残ってるので明日の楽しみだ。

個人的にはmov、かずのこ選手あたりに勝って欲しい。

祝日がない期間の終わり

口内炎が三つもできてるんだけど・・・。マジ、きついっす(真顔)。

 

EVO2017

明日の夜からEVOが始まる。

去年は出場選手そんなに知らなかったけど今年は日本人ならほぼほぼわかるようになったのでかなり楽しめそう。そして明日さえ行けば三連休や(暑くて会社行くだけで死にそうや・・・)。残りHP少ないけど頑張って明日を乗り切ろう・・・。