読書好きなしがないサラリーマンの日常

日々の生活を何とかかんとか乗り切るブログ

『マスターキートン』

ちょっと前から読みたいと思っていたけれど一向にキンドルになる気配がないので買ってしまった。本媒体の漫画買うの随分久しぶりだな。

内容は大学で考古学の講師をするキートンが様々な事件に遭遇して解決していく感じの話。殆ど一話完結なので読みやすい(14巻まできたけど一気読みするにはちょっと辛いかも)。この漫画の魅力は主人公であるキートンに集約されている。考古学講師ではあるものの、保険の調査員、探偵といった側面も持ち合わせる。SASという軍隊に在籍していた経歴もあり、サバイバル術や格闘術にも優れているスーパーマンだ。

どんな苦境に立たされようと、持ち前の勇敢さと優れた知識、経験によって切り抜けていく。人に対する優しさやユーモアやあって、このキャラクターに憧れない人はいないに違いない。

 

かなり久しぶりに

会社に入ってから何度も人前での発表をこなしてきたこともあり、最近では割とそつなくこなせている感じだった。なのに今日は久しぶりに完全に言うことが飛んでしまった・・・。いやーこれは結構落ち込む。飛んでしまったことを認識して余計に緊張してしまいそれがループする感覚。就職活動の時を思い出した・・・。

まあ仕方ないね。次こういう機会あったら怖いけど頑張ろう。

流石に

今日普段会わない会社の人と色々やる機会があって、偶然趣味の話をしたら格闘ゲームをしているとのこと。

しかもスト5のLPは1万越えというガチ勢。(自分は最高2400)。ちょっとだけEVOやRAGEの話もできて、まさか会社でrageの話が通じるとは思わなかったからかなりテンションあがってしまった。流石にこれはうれしい。

6月中旬の株

4月~6月中旬の損益

日本株

確定損益:▲4万円

含み損:▲3万円

 

米国株

確定損益:+3万2千円

含み益:+4千円

全体合計:▲3万4千円

 

6月中旬で落ちすぎなんだよなあ・・・。とにかく日本株がひどすぎ。増資の情報を知らずに買ってしまった銘柄、普通に大幅下落した銘柄、小型株もほぼほぼ下落。

他のは仕方なかったとしても増資の情報なんてちょっと調べれば避けられたんだよな。これは反省しなければ。そして某半導体株が大幅下落。粘ったけど元々変動が激しい銘柄ということもあり、流石に損切しないと危なそうだと判断して損切。これが大きかった(翌日翌々日切り返すという・・・。)

流石にそろそろ下がるかも・・・と怖い思いしながら買った米国株は簡単に含み益になってしまった。俺がダメなのもあるけど、普通に米国株安定なのかね。

 

ヨドバシのポイントカード

普段あまりポイントとか気にしない人間だけどふと気になった。結構使い続けているけど今どれくらいあるのだろう?

先ほど電話にて確認したところなんと4万8千ポイントもたまっていた。

1ポイント1円なので、これは自分にしてみたらちょっとしたものだ(一回訳あってカード変更した時があったけど、この時の分って失効されたんだろうな・・・。)

とにかくいつのまにかこんなにたまっているとは知らなかったので何か買いに行こう。しかし現在買いたいものはこれといって思い当たらない。そもそもあまり外に買いに出ないのでヨドバシに何が売っているのかわからんね。

仕事とかいう何年経っても慣れないもの

仕事ってどうしてこんなに辛いのでしょうかね・・・(遠い目)。

最近はそうでもない風潮が出てきたけれど、そもそも根底に辛いことに耐えるのが仕事、みたいな人が多い気がします。

このままでは元来の人間嫌いにますます拍車がかかってしまう。

これまで仕事をしてきて、あっ・・・(察し)となった出来事の一部。

 

・重要な会議の直前に他部門の人に資料の変更を言い渡される⇒急いでコピーし直すもコピー機が不調で止まる

・上司不在のため代わりに電話に出る⇒何故か関係ない自分へ依頼される流れに

・資料内容を発表しなければいけないが、中身の数字が明らかに理論的な結果になっていない⇒他の人から突っ込まれないよう無理やり理論武装ネタを探す。嘘をついたりごまかしたりするのが苦手なので辛い

・他部門からの無茶な要求⇒担当レベルの自分に言われても困ることばかり

・仕事上他部門の上の人から資料を回収する機会が多いが舐められて後回しにされる傾向

 

最近電話が鳴ってもどうせロクな案件に違いない・・・って気がして出たくないんだよなあ。