読書好きなしがないサラリーマンの日常

日々の生活を何とかかんとか乗り切るブログ

余韻

「何かを人に伝えよう」としなくても一生懸命取り組んだ過程や結果というものははからずとも「何かが伝わってしまう」ものなんだろうね。

 

小説とか漫画は意図的にそこに作者のメッセージを込めて読者に伝えようとすることも多いだろうけど、例えばスポーツみたいなものは違うと思うんだよね。

選手はただ必死に目の前のことに取り組んでいるだけだけど、そこから観戦者は何かを受け取ることができます。これは中々面白いし不思議なことだと思う。

―――というぐらいさっきのグランドファイナルが感動したって話。

広告を非表示にする