読書好きなしがないサラリーマンの日常

日々の生活を何とかかんとか乗り切るブログ

『シュタインズゲート エリート』

switchで出たシュタインズゲートエリートをクリアした。

やはりシュタインズゲートはゲームの方がいいという結論。一人称視点で自分が進めていく過程があるからこそ最後の達成感を得られる。そういう点からアニメ絵で原作ができるswitchバージョンはかなり良かった。

しかし10年近く前に初めてプレイした時も思ったけど、エンターテイメント作品においては今まで経験してきた全部の物語の中で一番の面白さだった。それは今回もう一度プレイし直してみても変わらない結果だったので、この10年でこれを越える物語は自分の中でないということなのだろう。

導入の仕方、伏線の張り方、中盤の絶望感、後半の盛り上がり、逆転の切り札、ラスト、あらゆる要素が本当に満点と言える作品はこれ以外にない気がする。小説にせよゲームにせよ導入はいいけどラストがだめとか、伏線がだめとか惜しい作品は結構あるのだけど、シュタゲは後半の盛り上がりから落ちるどころかむしろ加速していってピークで終わる感じだ。こういう作品は意外と少ない。

いやあ、改めて凄い作品だったなあ。